<   2010年 12月 ( 10 )   > この月の画像一覧   

仕様打ち合わせ その100 「電気設備(54)」   

2010年 12月 31日

f0192236_9503226.jpg2F子供室
056.gifLAN: 現在子供は1人しかいないが、将来もう1人欲しいと思っている。
子供室は将来2部屋に分けることを想定している。
今後インターネットの利用は必要不可欠なので、子供室2ヶ所にLAN回線を設ける。
位置はコンセントと同じ、足元25cmの高さに設置する。

以上が「仕様打ち合わせ」のすべてです。
これだけの内容となると、打ち合わせは非常に大変でした。(このブログの記事にするのも大変でしたけど042.gif

後悔したくなかったので、交渉に入る前に30冊近く本を買い、できるだけの知識を頭に叩き込んで打ち合わせに臨みました。
だが所詮付け焼刃な知識であるため、専門的なことになると当然、スタッフの皆さんの知恵を拝借しなければなりません。スタッフの皆さんは、それぞれ複数の案件を担当されていますので、時間を作っていただくのも大変だったであろうと思います。(どのメーカーさんも状況は同じだと思います。)

ここまでよくお付き合いして下さり、思い通りの形にしていただいたことを深く感謝しております。
実際に住み始めて2年経ちましたが、要望通りに造っていただいたので、ほとんど不満がありません。(私たちは恵まれていたなーと思います058.gif

打ち合わせを一通り終えて、家づくりって半端じゃなく大変だとつくづく感じました。
056.gif決めなければならないことが多岐に渡るため、メーカーさんはお施主さんの要望をうまくくみ取ることが難しい。
056.gifそしてお施主さんは、打ち合わせの段階で思い違いや考えがまとまらなかったり、知識が曖昧なためうまく伝えられなかったりだから多くの人が家づくりに失敗したと感じるのでしょうね。
(たとえ大手のメーカーさんで建てたとしても、大なり小なり思うことはあるのでは!)

それゆえ、コミュニケーションを取って意思疎通を円滑に図るのだけでも難しく、信頼関係を築くのも時間がかかるので、多くの人が満足のいく家づくりができていないのが現状ではないでしょうか?

このブログが、これからマイホームを建てようと考えている方に、少しでも参考になればと思うのですが、家づくりはケースバイケースだしねえ

最後締まりのない文章になってしまいましたが、次回は最終承認について書きます001.gif
[PR]

by mikan_na | 2010-12-31 09:49 | 仕様打ち合わせ

仕様打ち合わせ その99 「電気設備(53)」   

2010年 12月 27日

2F書斎・ゲストルーム
056.gifLAN: 書斎(ととろてんの部屋)、ゲストルーム(みかんなの部屋)それぞれパソコンでインターネットをするので、LAN回線を設ける。位置は書斎は机の少し上、ゲストルームは足元25cmの高さに設置する。
f0192236_9231854.jpg
なお、書斎に光通信、光電話を利用するためにONU(光回線終端装置)、CTU(加入者網終端装置でルーターです)、VoIPアダプタ(ひかり電話に必要な機器)、ハブを置く。(ハブ以外の機器はレンタルになります。)
書斎に置く理由は、問題が生じたときにすぐにチェックできるためで、パソコンを置く机の上に設置することにしました。

ただ、部屋が狭いとか机の上に置きたくないなどの場合は、クローゼットの中本棚の上に置くとかすればいいと思います。その場合は打ち合わせの段階で、設置する場所や位置に引き込むように伝えておくといいと思います。

f0192236_14193295.jpg屋外から光ファイバーを書斎に引き込み、ONUからCTU(ルーター)を通ってパソコンに接続する。
うちでは書斎を含めて、各部屋にLANを9回線設けているので、ルーターだけでは配線が足りない。
なのでハブを設けて経由する。書斎の壁に8回線分のLANを接続できるマルチメディアコンセント(従来のコンセントにTV、TEL、LANなどがひとつにまとまっているコンセント)を取り付け、ハブから書斎以外の8回線をマルチメディアコンセントにLANケーブルを接続する。
各部屋は、それぞれの部屋に取り付けている、マルチメディアコンセントにLANケーブルを接続すればネットができる、宅内LANを構築します。

ひかり電話は、CTUとVoIPアダプタをLANケーブルでつなぎ、マルチメディアコンセントを通って、リビングのマルチメディアコンセントから電話線で電話機につなぐと、光IP電話が使えるようになります。

※文章だと分かりにくいので、実際に利用している宅内LANの写真と、LAN配線図を掲載します。
f0192236_9145461.jpg

[PR]

by mikan_na | 2010-12-27 09:20 | 仕様打ち合わせ

仕様打ち合わせ その98 「電気設備(52)」   

2010年 12月 24日

1F茶の間、広縁
056.gifLAN: 茶の間のTVに接続するため1回線設ける。位置はTVが壁掛けなので、配線が見えないように壁掛けのTVの裏に。また茶の間で塾をするので、パソコンを使用する。
その際ネットを利用するかもしれない。そうなるようだと、スイッチハブをつけてどちらにも接続できるようにする。
広縁には書斎があり、ここにパソコンでネット接続できるように、1回線設ける。位置は書斎カウンターの少し上に。
056.gifTV: 客間と茶の間は続き間として利用するので、茶の間に壁掛けTVをつける。そのためTV回線を1つ設ける。位置はLAN同様、壁掛けTVの裏に。
f0192236_8403060.jpg

[PR]

by mikan_na | 2010-12-24 08:39 | 仕様打ち合わせ

仕様打ち合わせ その97 「電気設備(51)」   

2010年 12月 21日

各エリアの回線の配置
それでは、それぞれのエリアの回線について、具体的に触れていきたいと思います。

1F LDK
056.gifLAN: リビングにはTVやDVDレコーダー、ゲーム機もネット接続をするので2回線引く。位置はTVボードの少し上に。
キッチンにはレシピをネットで調べたいので、システムキッチンの上に1回線配置。
056.gifTEL: リビングに電話を置くのが一般的だと思うので1回線。位置はLANと同様。
056.gifTV: TV回線を1回線。アンテナはDVDレコーダーを経由してTVにつなぐので、位置はLANと同様、TVボードの少し上にする。
f0192236_2194031.jpg
ついでにエコキュートのリモコンとテレビドアホンの液晶モニタにも触れると、
エコキュートのリモコンは浴室内と食品庫に設置。
どちらからでも湯張りできるのだが、湯栓が閉まっているかどうか確認することを考えると、浴室のリモコンで操作するだろう。
食品庫のリモコンは、浴室のリモコンと通話する際に利用するだろう。

テレビドアホンの液晶モニタはLDKの中央の壁につける。なお、ドアホンの子機は2Fに置くので、2Fでも応対可能にする。
また、ドアホンと接続できる電話機を購入するので、和室からも応対できるようにする。
(詳しく知りたい方は、仕様打ち合わせ その32「設備(8)」を参照ください001.gif
[PR]

by mikan_na | 2010-12-21 18:48 | 仕様打ち合わせ

仕様打ち合わせ その96 「電気設備(50)」   

2010年 12月 18日

今回から私たちの家の回線関連の打ち合わせの内容について書いていきたいと思います。

LAN
接続サービスは初めから光(FTTH)を契約する計画だったので、配線は高速で、通信が安定していて、将来さらに高速になっても低コストで対応できる、有線で配線することも最初から決めていました。
やはり宅内LANは新築の時でないと簡単にはできないので

LAN回線が必要な場所はどこか?
パソコンでインターネットをしたい場所。
TVやDVDレコーダーなどのデジタル家電、今は持ってないけどゲーム機もネット接続するよね…と考えていき、必要な場所や個数を決めていきました。(詳細は後ほど)

TEL
最近固定電話は、携帯電話で事足りるので利用しないという人も多いと思いますが、
うちの場合FAXをよく利用するので、TEL回線は必要でした。
光にはひかり電話というサービスがあり、従来の電話線を使わず、光ケーブルを利用します。
メリットとして通話料が安く済むようなので、契約を検討しようと思ってます。
(現在ひかり電話Aを契約していますが、利用料金の明細がないので利用状況が分からず得なのか損なのか039.gifよく分からん
3時間分の無料通話とナンバーディスプレイなどの付加サービスがついているので、損はしてないと思うのだけれどってな感じです。)
リビングに主電話を置くので、こちらに配線します。
子機はワイヤレスであるため、配線は必要ないです。

TV
TVは1Fのリビングと茶の間に置きます。
2Fのそれぞれの個室や寝室にはTVは置きません。
どうしても見たい場合は、ワンセグで事足りると考えたからです。
なので、TV回線はリビングと茶の間の2ヶ所に配線します。
[PR]

by mikan_na | 2010-12-18 18:44 | 仕様打ち合わせ

仕様打ち合わせ その95 「電気設備(49)」   

2010年 12月 13日

LANケーブル
イーサネットには規格があり、伝送速度10Mbpsの10BASE-T、100Mbpsの100BASE-TX、1Gbpsの1000BASE-T、10Gbpsの10GBASE-Tがある。

LANケーブルにもカテゴリと呼ばれる規格があり、カテゴリの数が大きくなるほど、電気特性が上がり、高い周波数の信号が送ることができる。
f0192236_1810089.jpg

カテゴリ3や5のケーブルはナローバンド時代のもので、ブロードバンド通信には使用できない。今では市販されていないと思います。

光の通信速度が100~200 Mbpsで将来さらに高速になることを考えると、LANケーブルはカテゴリ5e以上にしておけば、将来LANケーブルを買い替える必要がなくなる。(ルーターやハブ、パソコンは伝送規格にあった製品に変更しないといけなくなると思いますが

またLANケーブルはカテゴリが上がるほど伝送帯域が広くなるので、ノイズ干渉に強く、安定した伝送が行える。
宅内LANにする場合、LANケーブルの配線はカテゴリ5eが使われていることが多いと思います。
ですが予算に余裕があるようだと、将来を考えてカテゴリ6以上にするのもアリかと思います。

※ハウスメーカーさんはLANやTEL線を通す配管の工事を行います。
配線工事は、家が完成してから電気工事業者に依頼し、配管内にLANやTEL線を配線してもらいます001.gif
[PR]

by mikan_na | 2010-12-13 21:39 | 仕様打ち合わせ

仕様打ち合わせ その94 「電気設備(48)」   

2010年 12月 10日

無線LANのセキュリティー
無線LA Nは電波によって通信を行うため、不正に傍受される危険性がある。
セキュリティー対策を講じていないと不正にネットワークに侵入され、
ただで回線を利用されたり、データを盗聴されたり、ウィルスを仕込まれたりする。
(有線LAN はLANケーブルをつながないと通信できないので、安全性に優れていると言えます。)

対策として、暗号鍵によって通信機器を限定させ、通信内容を暗号化することで傍受を防ぐ。
無線セキュリティー規格は3種類ある。
f0192236_1884689.jpg

WEP
無線LAN初期の暗号化規格で、RC4という暗号方式を用いる。
暗号鍵は半角5文字(もしくは13文字)で固定。これにRC4で暗号化するのだが、暗号アルゴリズムが単純であるため、解読されやすい。

WPA/WPA2
RC4に改良を加えられたTKIPやAESにより暗号化処理が行われ、パケットごとに暗号鍵を自動生成する。
ユーザー認証にPSKもしくはIEEE802.1X(EAP)を利用する。半角63文字以下の鍵を入力する。入力された鍵を元に、鍵がTKIPやAESにより変わっていきます。

056.gif暗号はどのように解読されるかは、解読するソフトを使って電波を傍受し、通信パケットをキャプチャーして解読するのだが、
WEPは10秒で解読できるらしく、かなり危険です。
なのでWPAもしくはWPA2の暗号化にすることが望まれている。
推奨するのは、認証方式はWPA2-PSKで、暗号化方式はAESにしておくといいようです。

056.gif実際WEPで利用している人がかなりいるらしく、ルータの初期設定がWEPのために、詳しくない人はWEPのまま利用している人が多いとのこと。
(ボタンを押せば自動で暗号化方式を設定するルータ(バッファローの「AOSS」ボタンなど)の場合はWPAWPA2になっている場合が多い。)
無線LANの設定がWEPだったらWPAWPA2に変更した方がいいですよ!

056.gif最近はゲーム機もネット接続して利用する場合が多いが、ニンテンドーDSはWEPにしか対応していない。そのため無線LANルータをWPAWPA2に変更するとDSで通信できなくなってしまう、という問題がある。
その問題を改善する無線LANルータがあるので、その製品を購入するといい。

056.gif製品の内容だが、
・1つ目に「マルチSSID」機能でWEPWPAWPA2のどちらでも接続できるようにする。
・2つ目にWEPはネット接続だけ可能にし、WEPからWPAWPA2にアクセスすることを禁止する「隔離機能」が搭載されている。

これで異なる規格でもセキュリティーが施され、DSを安心してつなぐことができます049.gif
f0192236_189638.jpg

[PR]

by mikan_na | 2010-12-10 21:33 | 仕様打ち合わせ

仕様打ち合わせ その93 「電気設備(47)」   

2010年 12月 06日

ISMバンド
産業、科学、医療分野で用いられる周波数帯で、無線LANの2.4GHzと5GHzはそのうちの2つである。
10mW以下の出力であれば免許不要で利用できる。
50Wを超える高周波の設備に関しては、国の許可が必要。

2.4GHz
この帯域で利用できる無線通信は、ブルートゥース、無線LAN、アマチュア無線、ETC、各種レーダー、コードレス電話などがある。
高周波を利用する設備は、家庭用だと電子レンジがある。
この帯域は様々な機器が利用されているため、電波を干渉し、通信が不安定になってしまう。

5GHz
この帯域は、日本では気象レーダーなどに利用されているため、免許不要で利用できる微弱な機器の使用は大幅に制限されている。
そのため5GHzの無線LANは干渉せず、安定して通信が行える。

f0192236_2219431.jpg
[PR]

by mikan_na | 2010-12-06 18:19 | 仕様打ち合わせ

仕様打ち合わせ その92 「電気設備(46)」   

2010年 12月 03日

無線LANのスピード
f0192236_18134774.jpg

056.gifIEEE802.11はIEEE(米国電気電子協会)が策定している無線LANの規格で、この規格を元に無線通信を行っている。表を見ると分かるが、新しく策定されるごとに通信速度が上がっている。
今まで早い速度で通信するのであれば有線だったが、昨年策定されたIEEE802.11nだと引けを取らないので、無線にするのならば、この規格に適合した無線LANルータ、カードを選ぶとよい。

056.gifまたIEEE802.11nは周波数を選ぶことができる。
周波数について少し説明すると、
2.4GHzは、障害物(例えば壁を隔てて通信する)には強いが、同周波数帯で使用する他の通信機器と電波干渉する。またキッチンなどで使用する場合、電子レンジが稼働すると著しく通信が不安定になる。
5GHzは、この周波数帯の他の通信機器があまりないので通信障害があまりないのだが、障害物に弱いという特徴がある。

なのでIEEE802.11nに適合した無線LANを使用する場合は、使用環境によって速度の出る周波数に変えるとよい。(周波数について次回で詳しく説明する。)

056.gifIEEE802.11nは複数のアンテナで送受信を行う「マルチストリーミング」や複数のチャンネルを統合する「チャンネルボンディング」などの技術により高速化、安定化を実現。
また日本国内の電波法改正で同時に使用できるチャンネル間隔が、従来の20MHzから40MHzに引き上げられたことで「チャンネルボンディング」が可能になり、300 Mbpsに速度が上がったようです。

無線LANを検討している方は、“11n規格”“2.4GHz/5GHz” の両方で使えるルータとカードを買えば間違いないかな058.gif
[PR]

by mikan_na | 2010-12-03 19:22 | 仕様打ち合わせ

仕様打ち合わせ その91 「電気設備(45)」   

2010年 12月 01日

PLCの問題
056.gif通信速度が低下する
家電製品からノイズを受けて速度が低下する。
影響を受ける家電製品は、充電器、ACアダプター、調光できる照明機器、インバーター機器、掃除機、ドライヤー、ミキサーなど。普通に使用する製品ばかりだ。

PLCを接続するコンセントには他の家電製品は使わない方がよいとのことなのだが、エアコンも速度が低下する可能性があるようだ。エアコンは通常、各部屋のコンセントや照明とは別に分岐ブレーカーを設ける。別回路であるのに影響を受けた事例があったみたい。

また雷サージや、フィルター内蔵のテーブルタップで接続するのも低下するので、直接コンセントにアダプターを接続させないといけないらしい。

異なる規格のPLCを使用すると速度が低下する。

交流配線の異相側につなぐと低下する。ちょっと分かりにくいかと思うので、まず 仕様打ち合わせ その72「電気設備(26)」 で説明した内容を参照していただいて、詳しく説明すると、
分電盤の分岐ブレーカーをL1相とN、もしくはL2相とNをつなぐと100Vになるのだが、同相間にしておかないと(すべてのブレーカーをL1相とN、もしくはL2相とNに統一して接続する)低下するということです。

056.gif電磁波が漏れる
電力線は、もともと高い周波数の電気信号を流すことを想定していないため、電磁波が漏れ、無線通信に影響を与える可能性がある。

f0192236_22143858.jpg
ADSLならばさほど気にせず使えるかもしれないが、電力線で通信をするのは無理があると思う。
将来高速化、安定化を図るのはたぶん難しく、光回線を利用している人は、採用しない方が賢明ではないでしょうか001.gif
[PR]

by mikan_na | 2010-12-01 18:55 | 仕様打ち合わせ