<   2009年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧   

設計 その11   

2009年 03月 22日

●建物本契約
設計の打ち合わせがすべて終わり、開発許可を得て、建築確認が取れ、融資の事前審査も通っていれば、契約書が用意されるので、T郷さんに1つずつ時間をかけて説明していただきました。

056.gif契約条項-工事内容、工期、請負代金、融資の支払いなどを確認しました。
056.gif契約約款-施工側、施主双方の義務や責任などが書かれている。
読みづらい言い回しで書かれているので、T郷さんに噛み砕いた表現で説明してもらった。
056.gif見積書-これまで打ち合わせてきた内容が間違いなく反映されているかどうかを確認します。
 ただ私たちは注文住宅なので記載項目が半端じゃなく、すべてを把握するのは無理だった。
 内訳については大まかな把握に留め、記載漏れがないかを確実にチェックしました。
056.gif仕様書-使用する建材や設備について書かれています。
私たちが変更した部分以外は“ロハス”の仕様です。
仕様については、また打ち合わせの過程で内容が変わるので、簡単に目を通しました。
056.gif図面-配置図、平面図、立面図、矩計図などが添付されています。
 変更した間取りになっているか、確認しました。

説明を受けながら、分からないことや納得いかないことなど質問し、不安の芽を摘んでいきます。

すべての書類に目を通し、納得いく説明を得られたので署名、押印し契約を結びました058.gif
f0192236_1812226.jpg

これで「設計」については終わりです。イヤ~長かった、、、まとめるの結構大変でした042.gif

次回から「土地造成」について書きます。分譲地を買われる方は関係ない内容ですが、よかったら読んでね058.gif
[PR]

by mikan_na | 2009-03-22 12:03 | 設計

設計 その10   

2009年 03月 19日

≪設備≫
●キッチン・お風呂・洗面台・トイレ
事前にショールームめぐりをしていて、希望の商品を既に決めていました001.gif
システムキッチン、システムバス、洗面台はヤマハの商品を希望!

トイレはTOTOの商品を希望!

ただモデルによって金額が大きく変わるので、取り合えず譲れないシステムキッチンとトイレだけ希望商品にし、あとは“ロハス”で設定されている仕様で計算しました。後に行われる「仕様打合せ」で予算のすり合わせをしながら、希望商品にするかどうか決めたいと思います001.gif

●オール電化
f0192236_11484798.jpgオール電化は最初から決めていました。
給湯設備は電気温水器とエコキュートをどちらにするか!
初期導入費は高いが、高効率なエコキュートに。
調理機器はオール電化を考えるとIHに。
[PR]

by mikan_na | 2009-03-19 11:42 | 設計

設計 その9   

2009年 03月 16日

≪建材≫
●室内ドア
基本的に引き戸であるが、一部片開き戸になっている。
できるだけ引き戸に統一したかったのだが、間取り上できないので仕方ない002.gif

●床
全室ヒノキの無垢材を希望したが、見積もりを取ったところ、面積が多いので金額が大幅にアップ!065.gif
設備に予算を使いたかったので、LDKと1Fホールのみ無垢材にし、後は複合フローリングに変更した。

●天井・壁
天井は梁見せにして天井高を確保、天井板をパイン仕上げに!壁は漆喰などの塗り壁を!!
と思っていたのだが床と同様、面積が多く金額が大幅にアップ!!!065.gif 無理だと断念002.gif
天井・壁ともクロス張りに変更。梁見せはさほどコストアップにならなかったので、そのまま採用。

●屋根・外壁
屋根は平面瓦ですっきりと印象に。
外壁は当初の予定通り光触媒の塗り壁を採用。

●断熱
断熱材は冷暖房のランニングコストを考えると、導入コストが多少高くても内+外断熱を希望していたのだが、内断熱をセルロースとロックウールのどちらにするかで悩む039.gif

セルロースの方が断熱効果が高いが、コストは高い。
それと、セルロースはみっちりと壁面に敷き詰めるため、後で穴があけられなくなる(例えばエアコンなどのダクトは、将来つけることを予想して、事前に開けておかなければならない)
後々の使い勝手を考慮して、ロックウールを選択した。

●サッシ・窓
この部分は断熱性と防犯性を考えなければならないのだが、
サッシは、樹脂タイプのもので結露を防ぐ。
f0192236_11411410.jpg窓ガラスは、防犯ガラスは高いのですぐに除外。
Low-Eガラス・・・採用したいのだが、窓の個数を考えたら
ちょっと厳しいかなぁ039.gif
よってペアガラスで落ち着いた001.gif
[PR]

by mikan_na | 2009-03-16 11:13 | 設計

設計 その8   

2009年 03月 13日

●WIC(2F)
ここについてはWICだけでなく、主寝室と書斎も含めて間取りを変更しています。

056.gifPoint ①
半間分だけだが、ホールの空間が勿体ない。

056.gifPoint ②
書斎は東西に間延びした形状である。
東西両面に机を置く予定だが、南北に奥行きがなく、北面に窓もある事から、中央部に収納棚などのスペースを必要とする用途には使いにくい。よってここまでのスペースは必要ない。

f0192236_1141826.jpg


以上の観点より間取りを変更した結果、
056.gif主寝室とWICの戸の位置が移動した。それに伴い、押入れの位置も移動した。
056.gif書斎が1間分くらい短くなり、その分WICの空間になった。
056.gif戸の位置が変更になったためWICの空間が狭くなり、主寝室は広くなった。

2Fは子供部屋以外、収納場所はWICだけなので、WICはできるだけ広い方が望ましかった。
だか、なかなか理想通りにはいかないもので、何を優先させたいかを考えたところ、最終的に「空間を有効に使うのが第一」ということになった。

WICは狭くなったが、広くなった主寝室にチェストなどを置けば、収納場所は確保できる。
よってこの変更プランで進めることにした001.gif

●主寝室 飾棚(2F)
主寝室の南西の位置に少し空間があるが、広さを考えると使い道があまりないため、単純に棚をつけることにした。

以上が、主な間取りの変更点です。
[PR]

by mikan_na | 2009-03-13 10:58 | 設計

設計 その7   

2009年 03月 10日

≪間取り≫
f0192236_23433847.jpg●玄関土間(1F)
玄関の横に将来水場を作りたい。家に入る前に水の音を聞くと、安らいだ気持ちで家に入れると思う。
お金の工面を考えたらすぐには作れないだろうけど、土間から水場が見えるように腰の高さくらいまでのFIX窓をつけることにした。



●階段
階段は45度の勾配なので、緩やかにできないかと要望を出すが、直行階段のままでは変更が難しいようだ。
この勾配では、老後は2階に上がらなくなると思う。1階のみで十分生活できるからだが、発想を変えて2階を多目的に使える、レクリエーションスペースなどにリフォームすれば利用価値があがるかも?実際にするかどうかは別にして、いろいろ構想を練ってみるのも面白いかもしれない001.gif

f0192236_23461182.jpg●階段下収納(1F)
家の規模、部屋数を考えると圧倒的に収納スペースが少ない。
必要な部屋数が多いから仕方ないのだが、階段下のデッドスペースを有効に使うことにした。
当初土間側に戸がついていた。しかし、掃除道具など室内で使用するものを収納したいので、ホール側から両開き戸に変更した。


●浴室坪庭(1F)
お風呂に坪庭を希望していたが、田んぼに囲まれているのと、庭を作るスペースがあることを考えると、坪庭を作る必要性はないなと思い見送ることにした。
それと坪庭を作った場合、景観を楽しむために大きな窓をつけることになる。そうするとお風呂は在来工法になるだろう。お風呂はシステムバスの方が壁が二重になる分、保温性が高い!というのも見送った理由です001.gif
[PR]

by mikan_na | 2009-03-10 23:50 | 設計

設計 その6   

2009年 03月 07日

ラフプランで自分が理想とする家づくりが見えたので、建築請負契約を結ぶまで設計を詰めていきました。

●土地
家を建てようと思っている田畑を調べた結果、市街化調整区域で農地転用可能でした。
田畑は南北に伸びた形状で、設計した家を配置すると、東西はほとんどゆとりがありません。
なので、南面を大きくスペースを取ることにしました。

敷地内でどのように配置するか、間取り同様、ゾーニング(敷地の中で、使用目的・法規などに応じてエリアを区分けして、必要な大きさを設定し、位置関係を考案・決定すること)が重要です。

家の配置、玄関の方向、作りたいと思う(もしくは将来検討したい)カーポート、庭、テラスなどをどのように配置するかイメージしておく必要があります。

周辺の状況などによりゾーニングに無理がある場合もあるので、その辺はプロの意見も参考にしながら大まかに決めました。
敷地が決まれば、開発許可申請を行うための準備を進めてもらいました001.gif


●資金計画
私たちの家は注文住宅ですが、無垢材、光触媒の塗り壁、内+外断熱など希望している仕様を考慮して “ロハス”をベースに考えていくことにしました。

“ロハス”で設定されている建材や設備でおおまかな費用をはじき出します。
これから希望する仕様に変えるごとに、差額で費用が再計算されます。
短期間ですべての仕様を決めてしまうのは難しいので、予備費として必要と思われる金額を計上しておきます。

建物以外の諸経費も概算で計算して必要経費を割り出したら、ローン返済のシュミレーションをして希望する銀行の候補を決めます。
f0192236_1822871.jpg

74種類以上のローンの中から、T郷さんが、ヘルシーホームさんの資金計画システムでシミュレーションしてくださり、私たちに一番有利なものをご提案いただきました001.gif

ヘルシーホームさんの営業マンは全員「住宅ローンアドバイザー」の資格を取得されているそうです。
私たちは高額な融資を受けた経験はなく、家を建てる今回が初めてなので(皆さんもたぶん、そうですよね)的確なアドバイスをしていただけたので心強かったです001.gif

返済方法は、年間返済額が年収の30%以下になるように設定します。
(これを超えると、融資を受けられる可能性が低いからです)

銀行に事前審査を申込み、希望額の融資を受けられる可能性があるかどうかを確認します。
審査が通れば、契約に向けて具体的に話を進めていきました058.gif
[PR]

by mikan_na | 2009-03-07 21:50 | 設計