カテゴリ:仕様打ち合わせ( 103 )   

仕様打ち合わせ その72「電気設備(26)」   

2010年 04月 02日

ブレーカーの極数、素子数
現在では単相3線式で引き込まれているので、その前提で進めます。
分電盤の中には主幹ブレーカーと分岐ブレーカーがあります。
※契約する電力会社によって、主幹ブレーカーの前にリミッター(サービスブレーカー)がついています。

056.gif主幹ブレーカーは3P2E、分岐ブレーカーは2P1Eか2P2Eのブレーカーを使用します。
まずPとEについてですが、Pは極数(電極の数)でEは素子数(過電流に反応する素子の数)です。
単相3線式はL1、N、L2の3本の電線があり、Nは電柱から大地にアースをしています。
Nは大地と同位なため、漏電しても電流が流れません。そのため主幹ブレーカーは、3Pに対してNには素子がいらないため2Eになっています。

056.gif次に分岐ブレーカーですが、100Vの場合はL1とNもしくはL2とNの電線に接続するので、2P1Eのブレーカーを使用します。一方200VはL1とL2の電線に接続するので、2P2Eのブレーカーを使用します。

056.gifL1とN⇔L2とNの相の切り替え(2P1E、2P2Eどちらも)や100V⇔200Vの電圧の切り替え(2P2Eのみ)は、ブレーカーの端子の位置を切り替えるだけで簡単にできるようになっています。
100Vの回路は2P1Eのブレーカーを、200Vの回路は2P2Eのブレーカーを使うのですが、100Vの回路や予備として設けているブレーカーの1つか2つくらいを2P2Eのブレーカーにしておくと後々便利です。
というのは、例えば100V仕様のエアコンから20畳以上の大きな200V仕様のエアコンにするには2P2Eのブレーカーが必要なので、わざわざブレーカーを買い替えなくても済む、というわけです。
うちの分電盤を開いてみてみたら、100Vのところに1ヶ所だけ2P2Eのブレーカーがついていたので何でかな?と思ったのよね。たぶん上記の理由でつけてたんだね001.gif

f0192236_11555315.jpg
[PR]

by mikan_na | 2010-04-02 16:51 | 仕様打ち合わせ

仕様打ち合わせ その71「電気設備(25)」   

2010年 03月 31日

配線
家庭に引き込む配線は単相2線式と単相3線式があり、現在では単相3線式が一般的です。

056.gif単相2線式-黒と白の2本のケーブルで引き込まれ、100Vの電気が流れます。昔の家は、家庭に大型の電気設備を持っている人はいなかったので単相2線式で分電盤に引き込まれていました。(だいたい80年代までの家はそうだったようです。分岐ブレーカーは少ない個数しかついていなかった。)

056.gif単相3線式-最近では20畳以上のエアコン、IHなど200V仕様の設備を使用する家庭が増えています。100Vと200Vを配電するには赤白黒の単相3線式にする必要があります。
黒と白、もしくは赤と白に結線すれば100Vの電気が流れ、黒と赤に結線すれば200Vの電気が流れます。今では分岐ブレーカーで簡単に100Vと200Vを切り替えることができます。

056.gif100Vだけの設備なら単相2線式、100Vと200Vを配電するなら単相3線式なのですが、単相3線式は電圧降下、電力損失が1/4になり安定した電源が取れるので、たとえ100Vだけの設備であっても単相3線式にするメリットはあるようです。

056.gifリフォームの際にIHなどの200Vの設備を入れる場合、単相2線式から単相3線式に引き直す必要があるのですが、主幹ブレーカーも変える必要があります。(単相2線式では、主幹ブレーカーは30A以下しか取り付けられないため、容量が少なすぎるため50A以上のものに付け替えるようです。)
なお、引き込み工事は電力会社、屋内の配線工事(分電盤廻り)は電気屋さんに依頼しましょう。

f0192236_10533234.jpg
[PR]

by mikan_na | 2010-03-31 16:48 | 仕様打ち合わせ

仕様打ち合わせ その70「電気設備(24)」   

2010年 03月 29日

分岐ブレーカーの数
056.gif最近では部屋数(コンセントと照明)+エアコン数+大型の設備の数+予備で分岐ブレーカーの数を決めることが多いと思います。
照明とコンセントを分けてブレーカーを設置するのもいいかと思います。
エアコンなど専用で設けている分岐ブレーカーは、落ちることはまずないのですが(ショートしたら落ちるけどね)、各分岐ブレーカーで消費する電力を約2,000W(100V×20A[分岐ブレーカーの容量])に抑えるとブレーカーは落ちないので、使用する家電製品と照明を考慮する必要があります。

056.gif各部屋で使用する家電製品をリストアップし、同時に使用したらどのくらいの消費電力になるか考えるために、簡単な目安表を掲載したので、参考にしてみてください。実際にお持ちの家電製品と消費電力が違うかもしれませんが、大きくは違わないと思います。

家電製品の消費電力(目安)
f0192236_14364100.gif

※分かりやすくするために、使うと思われるエリアごとに分類し、消費電力の大きいものを赤字で表示しています。
[PR]

by mikan_na | 2010-03-29 16:40 | 仕様打ち合わせ

仕様打ち合わせ その69「電気設備(23)」   

2010年 03月 26日

分電盤
この項では分電盤とブレーカーについて触れます。
まずは家にどのように電気が引き込まれているかについて、簡単に説明すると、
056.gif電柱についたトランス(変圧器)で、家庭で使用する電圧(100V/200V)に変換されます。
056.gifトランスから電線を家庭に引き込み(引込線)、メーターを通って分電盤に入ります。
056.gif分電盤の中には、主幹ブレーカーと分岐ブレーカーがあります。(契約する電力会社によって、リミッター(サービスブレーカー)がついているところもあります。後ほど説明します。)
056.gif引き込んできた電線を主幹ブレーカーに接続し、その後複数の分岐ブレーカーを通って、各部屋、設備に電気を供給します。

主幹ブレーカー
今では容量の大きい設備を使用したり、オール電化にするご家庭が多いので、容量は50A~75Aが一般的だと思います。(リミッター契約を結ぶエリアは最大60A)
容量は引き込み線から分電盤までの電線の太さで決まるようです。

f0192236_23215337.jpg
分岐ブレーカー
一般的に20A(もしくは15A)が取り付けられています。各部屋、設備に分けて電気を供給します。
[PR]

by mikan_na | 2010-03-26 16:37 | 仕様打ち合わせ

仕様打ち合わせ その68「電気設備(22)」   

2010年 03月 24日

コンセントの口数
056.gif昔は「1部屋2あかり3コンセント」と言われていたそうです。
今でも標準仕様だと、そのくらいのコンセントの数が設定されてるんじゃないかな。でも実際に生活してみると足りなくて、不便に感じると思います。
自分が子供のころと今を比較すると、使用している家電製品の数は段違いに多いよね。

056.gifコンセントの数は家電製品の数を考慮する必要がある。と言ってもすべての家電製品の数だけコンセントをつけると、とんでもない数になってしまう042.gif
TVや電子レンジ、冷蔵庫など差し込んだままにする分は、当然あった方がいいよね。
その他は家電製品の数や使用頻度、同時に使用する機器はどのくらいか?などを考慮してコンセントの数を決めればいいのではと思います。

056.gifまずは自分たちがどんな家電製品を持っているのか?リストアップしてみよう!
それから、どの部屋で使用するのかを考えていくと、各部屋に何個コンセントがあれば便利か見えてくると思います。
各部屋の使用が想定される家電製品の例を表にしてみたので、参考にしてみてください058.gif

f0192236_14345480.gif


※使うと思われるエリアごとに分類しています。
[PR]

by mikan_na | 2010-03-24 16:08 | 仕様打ち合わせ

仕様打ち合わせ その67「電気設備(21)」   

2010年 03月 22日

子育てに追われ、まんま小僧に悪戦苦闘しながら忙しい日々を送っていますが、長らく途絶えていたブログを再開したいと思います。 今回より22回にわたり、コンセントや分電盤などについてお送りします。
内容についてですが、電気の専門的な記述が多く含まれているため少し難しめですが、知識が増えると判断基準も増え、後々後悔しない選択ができると思ったので、思いついたことはすべて触れることにしました。 よかったら読んでください058.gif

コンセント
住み始めて一番後悔するのがコンセントの数ではないでしょうか?
コンセントは多くて困ることはないので、便利で快適に過ごすためには多めに設置しておく方がいいと思います。
部屋の広さや、家具や扉、家電製品の配置などを考慮して、取り付け高さや個数を決めていけばいいと思います。
また各部屋の生活動線をできるだけ細かくイメージできるかが肝になると思います。
掃除や洗濯、料理に食事、勉強に団らんなど、図面を見ながら、どのように行動するか考えてみましょう。

コンセントの取り付け高さ
056.gif一般的にコンセントの高さは床から25cmの高さに取り付けることが多いです。
056.gif和室は畳の上から15cmに設定するところもあるようです。たぶん畳に座るからから、より低い位置につけているのだと思いますが、立てった状態だと低すぎて抜き差ししにくいので、和室も25cmくらいがいいかなと個人的には思います。(うちは25cmです。)
056.gifエアコンは180cm~200cmの高さが一般的。
056.gif洗濯機は洗濯機の少し上くらいの105~110cmくらいに設定。
056.gif勉強机は抜き差し頻度が多いようだと、机の少し上くらいの70~90cmにすると便利かな。
056.gifダイニングや家事室にもカウンター上あたりにコンセントがあると便利です。
056.gif掃除機を差すコンセントが決まってあるのなら、30~40cmくらいの高さにし、抜き差しを楽にするのもありかな。(ただ部屋を見渡した時、25cmと30~40cmの高さの違うコンセントを見たら、見栄えはどのように映るのかイメージできなかったので、うちではしませんでした。)
056.gif扉や家具の配置を考慮して、コンセントは隠れない位置に取り付ける。
056.gifキッチンや洗面所など水回りは、水滴が飛ばない位置にコンセントを考慮する。

f0192236_1151895.jpg
[PR]

by mikan_na | 2010-03-22 18:55 | 仕様打ち合わせ

仕様打ち合わせ その66「電気設備(20)」   

2010年 02月 15日

2Fホール
照明
056.gif通路の頭上にダウンライトを均等に配列。
⇒他でも使用しているオーデリックのOD 058 031[一般電球]60Wをつける。
なお、ここは手動で点灯させるので、つけっぱなしにする場合もよくあるだろう。後ほど自分で電球形蛍光灯(電球色)に変更した。
f0192236_194011.jpg

スイッチ
056.gif部屋は5ヶ所あるので、すべての部屋で入切させたい。
4路スイッチにして、どの部屋からでも入切できるようにする。すべてほたるスイッチにする。
なおゲストルーム(みかんなの部屋)のみ少し離れた位置にスイッチをつける。というのは、階段付近にかってにスイッチをつけていて、みかんなの部屋から近い位置なので、ひとまとめにスイッチを配列した方がキレイだからである。


照明については以上です。
一室多灯のプランなので、一般の家庭より相当照明が多いと思います。
これだけの数になると正直コストもそれなりにかかります。だが後付けは難しいので、無理をしてでも予算を取りました。
なお、次回からお送りしますコンセントについても考え方は同じで、多く取り付けています。
数が多いと固定資産税が高くなるようですが、使い勝手を考えると、あるべきところにコンセントがついていると便利なんよね。
どのように考えてプランを決めたか ご期待ください058.gif


固定資産税についてですが、コンセントの評価額はかなり低いので、さほど気にするほでではないようです001.gif
それよりも意外と知らないと思うことは、ログハウスは固定資産税が高く、建てられた方が後でびっくりされることです。木造在来工法と比べて、少なくとも1~2割程度は高いようです005.gif
評価額の算定は各市町村により違うらしいです。評価は役所の方が来て行いますが、評価額について納得がいかなければ、固定資産評価審査委員会(第三者機関)に再評価をしてもらうことが可能です。
[PR]

by mikan_na | 2010-02-15 19:38 | 仕様打ち合わせ

仕様打ち合わせ その65「電気設備(19)」   

2010年 02月 12日

2F書斎
照明
056.gif天井も壁も石目調のクロスと無機質な感じにしたので、雰囲気を壊さないクールな照明にしたい。
だが梁表わしなので、木がイメージを阻害してしまう気がした。照明器具に自然と目が行き、梁の存在をあまり感じさせないようにしたい。
⇒2つの梁にライティングレールを取り付け、プラグタイプのスポットライト、DAIKOのDSL-3009XS[ダイクロハロゲン球]85Wをそれぞれ2つずつ取り付ける。
壁や床など、無作為な方向に照射して、一味違うスタイリッシュな空間に仕上がらないだろうか?
056.gif東西に配置する机の上は照度が足りないだろうから、両方ともスタンドを設置する。
f0192236_19373934.jpg
スイッチ
056.gif引き戸側の壁にスイッチをつける。
⇒東西片方だけ照明をつける場合もあるだろうから、スイッチは東西別にする。
並列してスイッチをつけるので、上のスイッチのみほたるスイッチに。


2F子供部屋
照明
056.gifコーポの時に使っていたシーリングライトがもったいないので、子供部屋に2つ取り付ける。
よって引っ掛けシーリングのみ取り付けてもらい、照明器具は後ほど自分たちでつける。

スイッチ
056.gifそれぞれの入口にほたるスイッチをつける。
[PR]

by mikan_na | 2010-02-12 19:34 | 仕様打ち合わせ

仕様打ち合わせ その64「電気設備(18)」   

2010年 02月 10日

2 F主寝室
照明
056.gif寝室は仰向けに寝た場合天井に照明があるとまぶしいので、直接目に光が入らないように主照明がないプランを試みたい。
056.gif 睡眠を取る部屋には白熱灯か電球色の蛍光灯が望ましい。
理由は、寝る前に浴びる光で熟睡度が違うようで、昼白色より電球色の光を浴びるほうがメラトニン(睡眠の質をよくするホルモン)を分泌させるそうです。
なかなか寝付けない方は、電球の色に注意!昼白色の蛍光灯を寝室で使ってる方は、寝る前に電球色のスタンドに切り替えるなど、工夫してみてはいかがでしょうか!

f0192236_19315563.jpg056.gifまずは東側の壁につける照明だが、
⇒DAIKOのブラケットDBK-35184L[Hf電球色蛍光灯]蛍45Wを2つ並べて設置。
乳白のアクリルのカバーに入っているので、淡い光でまぶしくない。
056.gifブラケットは、戸の少し上くらいの高さが雰囲気が出ていいと思うのだが、この壁面には絵画を飾るためにピクチャーレールをつける計画をしている。
⇒ピクチャーレールより高い位置に照明をつけなければならないので、通常よりだいぶ高めのFL2500につけることにした。
だがこの照明器具は、吹き抜けの梁などによくつけているので、この高さでもおかしくはないだろうと判断した。

056.gif主照明がないので、複数の照明で光をミックスさせたい。
⇒西側の窓の上の壁にオーデリックのOS 047 271[レフ形ミニクリプトン球]白50Wを2つ並べて設置。FL2300の位置に取り付け、天井に向かって照射させる。
天井から光が広がり、白熱球だから陰影ができるので、柔らかい光に包まれるだろう。和陶器セードのスポットライトで、素朴な風合いが寝室にぴったりかな。

056.gif西南の位置に棚を造り、その上に照明をつける。
ここに卓上プロジェクターを置くことを想定していて、操作時に灯りをつけるためである。
⇒客間の飾り棚と同じ、オーデリックのOD 007 125[ミニレフ球]白30Wで、ユニバーサルなので壁側に照射。ここの照明は周りに光を広げたくなかったので、下がり壁を設けている。

スイッチ
056.gifDBK-35184Lは入口と、南側にベッドを置くので、棚付近の南側の壁に3路スイッチほたるスイッチを設置。
056.gifOS 047 271OD 007 125は、棚付近の南側の壁にのみスイッチを。3つ並べてつけるので、この2つは通常のタイプ。
[PR]

by mikan_na | 2010-02-10 19:25 | 仕様打ち合わせ

仕様打ち合わせ その63「電気設備(17)」   

2010年 02月 08日

1~2Fホール・階段f0192236_16541132.jpg
照明
056.gif昇降する際足元を見ながら移動するので、頭上を照らす必要はない。よってフットライトを3つつけることにした。
⇒オーデリックのOA 155 112[豆球]白5W。消費電力は少なくて済むので経済的。

056.gifそれと1Fのホール(ダイニングと茶の間の間)には、玄関・ホールと同じオーデリックのOL 014 097[一般電球]白60Wをつける。

056.gifこのエリアの動線を考えると、
ダイニング、茶の間⇔トイレ、洗面所、階段で、30秒もあれば移動できるだろう。
短時間なので照明をつけなかったり、消し忘れたりすると思う。ここは人感センサーで自動で入切させるのがいいと思う。

スイッチ
056.gifOA 155 112OL 014 097どちらもかってにスイッチで入切させる。
1Fと2Fの階段付近に取り付ける。(1Fはセンサーのみ)
このセンサーの位置決めだが、どの方向もギリギリまで近づかなくても、センサーが反応する位置につけるのがいい。なおセンサーの検知エリアは3mの距離を160°の方向で反応する。

056.gif2Fは南側の子供部屋は階段の東側、その他の部屋は階段の西側より階段に向かう。
よって階段をあがって西側の壁の位置に取り付けると、問題なく反応するだろう。

056.gif次に1Fだが、階段昇降時だけでなく、他の部屋に行く場合も点灯させる必要がある。
トイレ、洗面所は階段の北側、茶の間は階段の西側、ダイニングは階段の東側に位置する。
検知エリアを考えると、階段の西側の壁がいいかなと判断した。
[PR]

by mikan_na | 2010-02-08 19:20 | 仕様打ち合わせ