建築 その2 「地鎮祭(2)」   

2011年 01月 31日

地鎮祭の式次第
f0192236_10364034.jpg開式の辞
祭典の始まりを告げます。
修跋(しゅばつ)の儀
祓詞(はらいことば)を唱え、払い清めます。
降神(こうしん)の儀
祭壇に神様をお招きします。
献饌(けんせん)
神前にお供え物をします。
祝詞奏上(のりとそうじょう)
神前に工事の安全を願って祝詞を読み上げます。
f0192236_1037525.jpg四方祓(しほうばらえ)
敷地の4隅と中央を祓い清め、土地の安全を願います。








f0192236_10422913.jpg
地鎮(じちん)の儀
土地に手を付けるので、土をおこす鍬(くわ)を施主が、土をならす鋤(すき)をメーカーさんが盛土に入れます。
その後、神主様が盛土に鎮め物(しずめもの)を納めます。f0192236_10455842.jpg









f0192236_10464688.jpg玉串奉奠(たまぐしほうてん)
参列者は玉串を神主様より受け取り、工事の無事を祈念します。
撤饌(てっせん)
お供え物を下げます。
昇神(しょうしん)の儀
お招きした神様にお帰り頂きます。
閉式の辞
これで地鎮祭が終了になります。



うろ覚えなので、こんな感じだったと思うのですが違ってたかも008.gif
また地域によって風習が違うと思います。

なお、鎮め物は一旦メーカーに持ち帰ってもらい、基礎工事の時に地中に納めてもらいます。

ご近所への挨拶回り
地鎮祭が終わった後、工事前のご近隣へのご挨拶。
メーカーさんの方でしていただけるとのことだったのですが、今後のご近所付合いが円滑になる意味も含めて、工務担当のI内さんに同行して挨拶に伺いました。
挨拶にまわるのは向こう3軒両隣が目安らしいのですが、工事車両が往来する道路に面しているご家庭にも伺いました。
f0192236_17103753.jpg

[PR]

by mikan_na | 2011-01-31 10:22 | 建築

<< 建築 その3 「工程表」 建築 その1 「地鎮祭(1)」 >>