建築 その1 「地鎮祭(1)」   

2011年 01月 27日

                                                   工程表へ→
地縄張り H20/7/19
敷地の中に建てる家の外周に沿って縄(もしくはビニール紐)を張り、建物の位置を地面に表わします。
設計図通りに建物の配置を決める作業で、工事に入る前に境界の距離などを確認します。
4隅に地杭を打つのですが、まだのようです。地鎮祭の準備の際に打つのでしょうね。
f0192236_102426.jpg

地鎮祭 H20/8/1
吉日の午前、メーカーさんに言われた時間に出向くと、祭典の準備が整っていました。
テントが建てられ、南向きに祭壇が設けられ、お供え物が供えられています。
4隅に斎竹を立て、しめ縄を張りめぐらせます。これは周囲と区切り神聖な場所となり、氏神様を迎えるためです。
準備はすべてメーカーさんの方でやっていただけるので、私たちは地鎮祭の設備費用と、神主様にお渡しする玉串料のみ準備しました。

地鎮祭は整地が終わり新築の着工前に行う儀式で、工事の無事と家内安全を祈願します。

地鎮祭の流れをまったく知らずに出席したのですが、神主様から指示していただけるので、それに従って行えば問題なく執り行われました。
祭典の詳細については次回。
f0192236_1744080.jpg

[PR]

by mikan_na | 2011-01-27 09:48 | 建築

<< 建築 その2 「地鎮祭(2)」 仕様打ち合わせ その102 「... >>