仕様打ち合わせ その71「電気設備(25)」   

2010年 03月 31日

配線
家庭に引き込む配線は単相2線式と単相3線式があり、現在では単相3線式が一般的です。

056.gif単相2線式-黒と白の2本のケーブルで引き込まれ、100Vの電気が流れます。昔の家は、家庭に大型の電気設備を持っている人はいなかったので単相2線式で分電盤に引き込まれていました。(だいたい80年代までの家はそうだったようです。分岐ブレーカーは少ない個数しかついていなかった。)

056.gif単相3線式-最近では20畳以上のエアコン、IHなど200V仕様の設備を使用する家庭が増えています。100Vと200Vを配電するには赤白黒の単相3線式にする必要があります。
黒と白、もしくは赤と白に結線すれば100Vの電気が流れ、黒と赤に結線すれば200Vの電気が流れます。今では分岐ブレーカーで簡単に100Vと200Vを切り替えることができます。

056.gif100Vだけの設備なら単相2線式、100Vと200Vを配電するなら単相3線式なのですが、単相3線式は電圧降下、電力損失が1/4になり安定した電源が取れるので、たとえ100Vだけの設備であっても単相3線式にするメリットはあるようです。

056.gifリフォームの際にIHなどの200Vの設備を入れる場合、単相2線式から単相3線式に引き直す必要があるのですが、主幹ブレーカーも変える必要があります。(単相2線式では、主幹ブレーカーは30A以下しか取り付けられないため、容量が少なすぎるため50A以上のものに付け替えるようです。)
なお、引き込み工事は電力会社、屋内の配線工事(分電盤廻り)は電気屋さんに依頼しましょう。

f0192236_10533234.jpg
[PR]

by mikan_na | 2010-03-31 16:48 | 仕様打ち合わせ

<< 仕様打ち合わせ その72「電気... 仕様打ち合わせ その70「電気... >>