仕様打ち合わせ その70「電気設備(24)」   

2010年 03月 29日

分岐ブレーカーの数
056.gif最近では部屋数(コンセントと照明)+エアコン数+大型の設備の数+予備で分岐ブレーカーの数を決めることが多いと思います。
照明とコンセントを分けてブレーカーを設置するのもいいかと思います。
エアコンなど専用で設けている分岐ブレーカーは、落ちることはまずないのですが(ショートしたら落ちるけどね)、各分岐ブレーカーで消費する電力を約2,000W(100V×20A[分岐ブレーカーの容量])に抑えるとブレーカーは落ちないので、使用する家電製品と照明を考慮する必要があります。

056.gif各部屋で使用する家電製品をリストアップし、同時に使用したらどのくらいの消費電力になるか考えるために、簡単な目安表を掲載したので、参考にしてみてください。実際にお持ちの家電製品と消費電力が違うかもしれませんが、大きくは違わないと思います。

家電製品の消費電力(目安)
f0192236_14364100.gif

※分かりやすくするために、使うと思われるエリアごとに分類し、消費電力の大きいものを赤字で表示しています。
[PR]

by mikan_na | 2010-03-29 16:40 | 仕様打ち合わせ

<< 仕様打ち合わせ その71「電気... 仕様打ち合わせ その69「電気... >>