仕様打ち合わせ その67「電気設備(21)」   

2010年 03月 22日

子育てに追われ、まんま小僧に悪戦苦闘しながら忙しい日々を送っていますが、長らく途絶えていたブログを再開したいと思います。 今回より22回にわたり、コンセントや分電盤などについてお送りします。
内容についてですが、電気の専門的な記述が多く含まれているため少し難しめですが、知識が増えると判断基準も増え、後々後悔しない選択ができると思ったので、思いついたことはすべて触れることにしました。 よかったら読んでください058.gif

コンセント
住み始めて一番後悔するのがコンセントの数ではないでしょうか?
コンセントは多くて困ることはないので、便利で快適に過ごすためには多めに設置しておく方がいいと思います。
部屋の広さや、家具や扉、家電製品の配置などを考慮して、取り付け高さや個数を決めていけばいいと思います。
また各部屋の生活動線をできるだけ細かくイメージできるかが肝になると思います。
掃除や洗濯、料理に食事、勉強に団らんなど、図面を見ながら、どのように行動するか考えてみましょう。

コンセントの取り付け高さ
056.gif一般的にコンセントの高さは床から25cmの高さに取り付けることが多いです。
056.gif和室は畳の上から15cmに設定するところもあるようです。たぶん畳に座るからから、より低い位置につけているのだと思いますが、立てった状態だと低すぎて抜き差ししにくいので、和室も25cmくらいがいいかなと個人的には思います。(うちは25cmです。)
056.gifエアコンは180cm~200cmの高さが一般的。
056.gif洗濯機は洗濯機の少し上くらいの105~110cmくらいに設定。
056.gif勉強机は抜き差し頻度が多いようだと、机の少し上くらいの70~90cmにすると便利かな。
056.gifダイニングや家事室にもカウンター上あたりにコンセントがあると便利です。
056.gif掃除機を差すコンセントが決まってあるのなら、30~40cmくらいの高さにし、抜き差しを楽にするのもありかな。(ただ部屋を見渡した時、25cmと30~40cmの高さの違うコンセントを見たら、見栄えはどのように映るのかイメージできなかったので、うちではしませんでした。)
056.gif扉や家具の配置を考慮して、コンセントは隠れない位置に取り付ける。
056.gifキッチンや洗面所など水回りは、水滴が飛ばない位置にコンセントを考慮する。

f0192236_1151895.jpg
[PR]

by mikan_na | 2010-03-22 18:55 | 仕様打ち合わせ

<< 仕様打ち合わせ その68「電気... ベイビー誕生! >>