仕様打ち合わせ その64「電気設備(18)」   

2010年 02月 10日

2 F主寝室
照明
056.gif寝室は仰向けに寝た場合天井に照明があるとまぶしいので、直接目に光が入らないように主照明がないプランを試みたい。
056.gif 睡眠を取る部屋には白熱灯か電球色の蛍光灯が望ましい。
理由は、寝る前に浴びる光で熟睡度が違うようで、昼白色より電球色の光を浴びるほうがメラトニン(睡眠の質をよくするホルモン)を分泌させるそうです。
なかなか寝付けない方は、電球の色に注意!昼白色の蛍光灯を寝室で使ってる方は、寝る前に電球色のスタンドに切り替えるなど、工夫してみてはいかがでしょうか!

f0192236_19315563.jpg056.gifまずは東側の壁につける照明だが、
⇒DAIKOのブラケットDBK-35184L[Hf電球色蛍光灯]蛍45Wを2つ並べて設置。
乳白のアクリルのカバーに入っているので、淡い光でまぶしくない。
056.gifブラケットは、戸の少し上くらいの高さが雰囲気が出ていいと思うのだが、この壁面には絵画を飾るためにピクチャーレールをつける計画をしている。
⇒ピクチャーレールより高い位置に照明をつけなければならないので、通常よりだいぶ高めのFL2500につけることにした。
だがこの照明器具は、吹き抜けの梁などによくつけているので、この高さでもおかしくはないだろうと判断した。

056.gif主照明がないので、複数の照明で光をミックスさせたい。
⇒西側の窓の上の壁にオーデリックのOS 047 271[レフ形ミニクリプトン球]白50Wを2つ並べて設置。FL2300の位置に取り付け、天井に向かって照射させる。
天井から光が広がり、白熱球だから陰影ができるので、柔らかい光に包まれるだろう。和陶器セードのスポットライトで、素朴な風合いが寝室にぴったりかな。

056.gif西南の位置に棚を造り、その上に照明をつける。
ここに卓上プロジェクターを置くことを想定していて、操作時に灯りをつけるためである。
⇒客間の飾り棚と同じ、オーデリックのOD 007 125[ミニレフ球]白30Wで、ユニバーサルなので壁側に照射。ここの照明は周りに光を広げたくなかったので、下がり壁を設けている。

スイッチ
056.gifDBK-35184Lは入口と、南側にベッドを置くので、棚付近の南側の壁に3路スイッチほたるスイッチを設置。
056.gifOS 047 271OD 007 125は、棚付近の南側の壁にのみスイッチを。3つ並べてつけるので、この2つは通常のタイプ。
[PR]

by mikan_na | 2010-02-10 19:25 | 仕様打ち合わせ

<< 仕様打ち合わせ その65「電気... 仕様打ち合わせ その63「電気... >>