仕様打ち合わせ その61「電気設備(15)」   

2010年 02月 01日

1F客間
照明
056.gif天井は吊り下げタイプではなく、シーリングタイプの和照明に。それと畳や障子など反射率が低いのでワット数が大きいものを。
⇒選んだのが、DAIKOのDCL-35001L[高演色性電球色丸型蛍光灯(40W+32W+30W)(電球色)]蛍102W
針金のフレームで立体的に造形された照明で、網代のクロスにマッチしてるかな。
056.gifこの照明には3つの蛍光灯がついているが、壁のスイッチを3秒以内に切入と操作すると、100%-60%-5%-0%の明るさに切り替えることができる。(プルレススイッチ)
f0192236_187133.jpg
056.gifリビングでも触れていたが、どこかで縦に照明を使いたいと思っていた。
床の間にも縦に照明を入れることを早い段階で決めていたので、床の間のデザインはそのようにすでにできている。
黒いクロスを貼りつけるので、青白い光のほうがきれいだろうと細長い蛍光灯を設置。
⇒DAIKOのDSY-50811[蛍光灯(昼白色)]蛍40W。安定器とランプが一体構造になっていて、コンパクトな設計の間接照明用の器具。値段も非常に安い。

056.gif飾り棚は棚を照らすために頭上からダウンライトの照明をつけるのだが、布団を敷いて仰向けに寝た時に目線に光が入るとまぶしいので、ユニバーサルで壁側に照射させる。
⇒オーデリックのOD 007 125[ミニレフ球]白30Wにした。

056.gif和室は畳に座ったり寝転んだりしてくつろぐので、低い位置に灯りがあると風情がある。
⇒オーデリックのOT 021 174[一般電球]白60Wを購入することにする。
和紙のスタンドで、柔らかい灯りが心を和ませてくれるかな。

スイッチ
056.gif茶の間から入ってくるので、床の間付近の壁にDCL-35001LDSL-50811OD 007 125のスイッチを縦に3つ並べて設置。上のスイッチのみほたるスイッチにする。
056.gif客間は土壁のようなクロスなので、スイッチプレートはベージュ色にする。(コンセントプレートも同様。)なお、プレートの色は事前に決めていたわけではなく、建築中、現場にととろてんが出向いた時に、電気工事をしてもらっている人から「プレートの色変える?」と聞かれたので決めた。

家が出来上がっていくさまを見るのが楽しくて、頻繁に飲み物を持って現場に顔を出していた。職人さんといろいろとコミュニケーションをとっていたので、現場で変更や新たに決めたことは結構あるんよね。(構造や強度に影響がない、軽微な内容ですけどね。)
いいものを作ろうと思えば、こういったやりとりは重要だと思います。気心が通ってくると、いろいろ教えてくれるし、変更があっても快く引き受けてくれるようになるので、できれば皆さんも建築中、足を運ばれた方がいいですよ!(もちろん仕事の邪魔にならないようにね
058.gif
[PR]

by mikan_na | 2010-02-01 19:04 | 仕様打ち合わせ

<< 仕様打ち合わせ その62「電気... 仕様打ち合わせ その60「電気... >>