仕様打ち合わせ その52「電気設備(6)」   

2010年 01月 04日

スイッチ
位置や個数は生活を想定して考えます。
基本的に人が出入りする位置につけますが、
例えば、LDのように2ヶ所の出入口でスイッチを操作する。
寝室は入口と枕元にスイッチがあったら便利だとか、って考えていくといいと思います。

056.gif一室多灯の場合は1ヶ所にまとめてスイッチを配置したほうがいいです。

056.gifそれから開き戸はいいのですが、引き戸の場合、片引き戸であっても、両開き戸と同様に考えてください。なぜこのようなことを言うかというと、図面を見ながら考えるからです。
スイッチは壁にボックスを埋設させるので、片引き戸を収める壁に取り付けられないのだが、図面を見ると普通の壁と勘違いする場合がある。
実は自分の家でLDの2ヶ所に3路スイッチをつけようとしていたのだが、どちらも片引き戸を収める壁であった。スイッチを取り付ける段階で気付き、どうしようかと考えた末、3路は中止にしました。
うちの場合相当凝った照明プランだったこともありますが、なかなか図面だけでは気づかないことってありますので、注意が必要です。

056.gifまた、スイッチにはセンサーがついたものがあり、
ホールや階段などで、人が通ると自動的に点灯させるとか、
照明を防犯対策に使うとか、いろんな用途に使えます。
知っていると便利で、快適な住環境が築けます001.gif
f0192236_10514624.jpg
[PR]

by mikan_na | 2010-01-04 17:47 | 仕様打ち合わせ

<< 仕様打ち合わせ その53「電気... 仕様打ち合わせ その51「電気... >>