仕様打ち合わせ その51「電気設備(5)」   

2009年 12月 30日

照明器具選び
まずはそれぞれの部屋に必要な明るさを考えるのだが、一般的にワット数を基準に考えていく。

056.gif照明のカタログを見ると、シーリングライトやペンダントライトなどに適用畳数というのが書いている。照明器具の種類や形状、点灯方式により何畳の部屋に対して何ワット必要かが分かるので、その情報を参考にしながら考えていく。
ただ、複数の照明を配置する場合、1つずつのワット数は下げてもいいかもしれない。

056.gifまた壁、床、天井の内装材の色によっても、必要なワット数は変わる。
白いクロスは反射率が高くなるので、必要以上に明るく感じるかもしれない。
逆に黒いクロスだと暗く感じてしまい、もう少しワット数が欲しかったなと思うかもしれない。
また和室だと、畳や障子などは反射率が低いので、洋室より明るい照明が必要になる。
それから、ペンダントライトなど光源と照射面の距離によってワット数を考慮する必要がある。
プロのアドバイスを伺いたいところです。

056.gif一般電球が使われている照明器具は、電球型蛍光灯に変更できる。
白熱球より寿命が長く、電気代は安いので、電球型蛍光灯に交換すると経済的である。
どんなランプを使用しているかで照明器具を選ぶのもいいと思う。

照明器具の便利な機能
056.gif人感センサー付き照明
玄関などに利用する照明などには、人が来ると自動で点灯するセンサーが付いていると便利。

056.gifソフトスタート装置
ゆっくりと明るくなるので、夜間のトイレはまぶしく感じないので便利。

以下の器具は照明リフォームを考えられている方に活用されたらと思います。
056.gif配線ダクト(簡易取付型スライドコンセント)
シーリングライトをペンダントライトやスポットライトにつけ替えたい場合、引っ掛けシーリングに配線ダクトを取り付けると、レール上に複数のライトがつけられる。(取り付ける器具の重量に注意。)

056.gifペンダント用電源アダプタ
シーリングライトはそのまま使用したいが、ペンダントライトも欲しい場合、このアダプタを付けると、ペンダントライトを追加できる。
f0192236_10461952.jpg
[PR]

by mikan_na | 2009-12-30 17:41 | 仕様打ち合わせ

<< 仕様打ち合わせ その52「電気... 仕様打ち合わせ その50「電気... >>