仕様打ち合わせ その45「インテリアコーディネート(10)」   

2009年 11月 23日

056.gif客間は当然他の空間とはまったく違うクロスになる。天井は網代のようなRE2668(ページ検索で53と入力)に、壁は土壁のようなSP2363にする。
飾棚はアクセントを付けるため違うクロスにしたい。

和の空間に合いそうなRE3382(ページ検索で181と入力)を選択。飾棚の下の床は吉野桧。
床の間だが、ここは縦に照明が入る。(詳しくは「電気設備」にて後述)それで照明の光がクロスに沿って伸びて拡がらないかなと思い、RE3489(ページ検索で196と入力)を。
こういった黒いクロスはお店なんかでたまに見かけるが、民家ではなかなかチョイスしないなと思う。面白い感じに仕上がらないかな!
「内部仕様」で触れたとおり、粋床は黒檀。
f0192236_192366.jpg
1F 客間
天 井 :クロス張り・RE2668
  壁  :クロス張り・SP2363
床の間:クロス張り・RE3489
粋 床 :黒檀
飾 棚 :クロス張り・RE3382
飾棚床:吉野桧
扉・襖 :クロス張り・SP2309
サッシ:クリアバーチ

f0192236_1117362.jpg










※一部テクスチャを貼っているので、実際の雰囲気に近い感じです。

056.gif天井、壁ではないが、戸襖がクロス張りの板戸(本当は大広間として利用する際に襖を外すので、昔ながらの襖の方が軽くて良かったのだが...)なので、何にするか?023.gif
襖はあくまでも仕切るためのものなので、主張しない、目立たない感じがいいので、壁で多用しているSP2309にした。
f0192236_1152454.jpg
[PR]

by mikan_na | 2009-11-23 21:17 | 仕様打ち合わせ

<< 仕様打ち合わせ その46「イン... 仕様打ち合わせ その44「イン... >>