仕様打ち合わせ その37「インテリアコーディネート(2)」   

2009年 10月 26日

インテリアスタイル
自分たちは木のぬくもりを感じるナチュラルな空間にしたい。
木の色や白を基調に考えていきたい。
ただ実際形にする、もしくはイメージを言葉にするのって結構難しい、、、
そもそも自分の好きなものを明確に分かっているのだろうか?023.gif

056.gifまず自分達が行ったことは、インテリア関連の本を見て、直感でいいと思う空間を抜き出してみた。
部屋全体の造りだけでなく、家具や飾っている花や小物などのインテリアも重要なヒントになるので、最初は具体的に分からなくても、ざっくりと選んでいくといい。
抜き出した写真をスクラップにして眺めていると、だんだんと自分の好きな傾向が見えてきて、目指すスタイルがはっきりしてくる。
またスクラップを作っておくと、コーディネーターに自分の好きなイメージを伝える手段になります。
f0192236_1329038.jpg


056.gifインテリアスタイルは大きく分けて、
・ナチュラルスタイル
・シンプル&モダンスタイル
・カントリースタイル
・トラッドスタイル
・和スタイル
・エスニックスタイル
まあ大体の人が、設計段階で大まかなインテリアスタイルはイメージできてるよね。

056.gifインテリアを考える際、当然自分の好きな色や素材で選んでいくんだけど、実際にすべてを内装してみると、統一が取れなかったり、何か物足りなかったりと、バランスを欠いた空間に仕上がることが往々にしてある。
これは「木を見て森を見ず」だから。
1つ1つを選ぶ際、空間全体で違和感がないか、質のばらつきがないかを考えれていないからなんよね。
でもこの全体を見渡す作業が難しい。
内装の仕様を一覧にしたコーディーネートボードを作っていただけたら、全体を客観的に見れるんだけど、切り抜きやサンプルを並べてみるだけでもずいぶん違う。
何はともあれ、自分だけの好みだけで選ばず、プロのアドバイスを聞きながら決めていくことが望ましい001.gif
[PR]

by mikan_na | 2009-10-26 16:54 | 仕様打ち合わせ

<< 仕様打ち合わせ その38「イン... 仕様打ち合わせ その36「イン... >>