仕様打ち合わせ その26「設備(2)」   

2009年 09月 25日

056.gifマーブルクラフトヤマハのアクリル系人造大理石。
よくあるのが表層だけで裏に補強材などを当てているものがあるが、ヤマハのはソリッド(中空のない)構造なので、天然の大理石のような重圧感と美しさがある。
厚みがあって中まで均一なため、汚れや傷がついた場合、ナイロンたわしでこすればリニューアルが可能である。
また厚みがあるため、衝撃に強く、耐熱性にも優れている。
さらに、複雑な加工が容易にでき、バックガード、水返しまで一体成形である。
そのためデザインや配色もバリエーションが豊富である。

056.gifシームレス接合…カウンターとシンク、色違いの大理石同士をつないでも、段差も隙間もないシームレス接合なため、汚れやぬめりが溜まらない。(特許を取得している)

056.gif扉の塗装…ピアノ製作の塗装技術を応用している。
塗装と研磨を繰り返し、多層に塗っているため、変質や塗膜が劣化せず、光沢を長期間保つ。(ピアノは何年経っても色つやが変わらないよね001.gif

056.gifレンジフード…ヤマハの集煙システムにサイクロン方式のレンジフードがある。(特許を取得している)
IHは上昇気流が起こらないため、集煙に工夫が必要になる。
内部のパネルが曲面形状で、この形状に沿って煙が上昇。
両サイドのフィルターから吸い込むと水平渦巻きが発生する。
煙を内部パネルでキープさせ、漏らさずにフィルターから煙を排出させる。
というもので、集煙効果が高いと部屋に嫌な臭いがこもりにくいので、これを採用した。
またフィルターは親水性塗装を施しているので、水につけるだけで汚れが落ちるので手入れがしやすい。(汚れがひどい場合は、中性洗剤を垂らしたぬるま湯に浸せばよい)
f0192236_11403755.jpg
[PR]

by mikan_na | 2009-09-25 11:02 | 仕様打ち合わせ

<< 仕様打ち合わせ その27「設備... 仕様打ち合わせ その26「設備... >>